私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

メリーポピンズ、ウォルトディズニーの約束 連載中

想像力から新しいものが生まれる/久保祐紀

『親の心子知らず』という言葉があります。親の心子知らずとは、親の子に対する深い愛情がわからず、子が勝手気ままにふるまうこと。また、自分が親になってみなければ、親の気持ちはわからないということです。ウォルトが親の気持ちとして子どもとの約束をできるだけ守ってあげたいという気持ちを尊敬するが、その親心はよくわからないのが正直な感想です。自分にも子どもが生まれたらウォルトと同じような考えになるのか、自分の変化が怖いような、楽しみなような、複雑な気持ちが正直な感想です。
トラヴァース夫人はメリーポピンズという作品のイメージがはっきりしていて、細かなところまでこだわりが強い女性な印象を受けました。人が特定のものにこだわりを強く持つ理由には、それがその本人にとって、とても大事なものにつながる可能性が大きいということが実感できました。それに加えて、仕事の仕方にもそのこだわりは表れてくるのではないかと考えました。好き嫌いの裏側には色々な経験やそれに伴う感情が隠れています。
トラヴァース夫人にとってのメリーポピンズは子どもの頃のトラウマそのもののようで作品の構想ができあがっていくにつれ、昔のつらい出来事が蘇ってきていました。その様子は見るに絶えないもので、見ていてかなり辛くなってきました。自分のいやなことも思い出しそうで。エリーおばさんとトラヴァース夫人はそっくりだなと感じました。言いたいことはハッキリといい、自己主張をする感じが似ています。こう生きるべきだというモデルをエリーおばさんなのだと感じました。また、トラヴァース夫人こと、ヘレンが完成費披露時に出来上がった作品を見て、涙を流した理由は僕には、はっきりこうだと言い切れませんが、おそらくこうだろうという考えは浮かびました。自分の辛い経験がもとになっているメリーポピンズがディズニーによって明るく表現されて少し救われた気持ちになったのではないでしょうか。
 原作と映画が全く違う作品は世の中にたくさんあると思います。その中に原作者と制作会社の間で様々なドラマがあったに違いありません。ディズニー版『メリーポピンズ』が原作から想像力を以てできあがった作品とするならば、現実世界と想像世界のハイブリッドが、皆が恐れたり憧れたり、さらには感動させたりすることができるということをウォルトは表現したかったのだと思います。
仕事においても、想像力を以て工夫すれば、驚くべき発想が生まれ、素晴らしい仕組みができる可能性があるのではないかと考えさせられました。しかし、会社には色々な考えを持った人がいます。自分が素晴らしい仕組みと思っても皆がそう思うとは限りません。
そこで反対意見を軽視するのではなく、対話してお互いの考えを理解しないと良い人間関係はできません。仲良しごっこではなく、似たような目的を持った者たちのことを仲間といいます。『普通の会社』ではなく高みを目指すなら、社員それぞれが仲間を増やすことを意識すべきだと僕は考えます。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.