私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

自分自身を育てるためにいろんな経験を積極的にする/野呂有加

万協製薬に勤めて15年が経ちました。仕事や会社のさまざまな活動の中で、私もたくさんのことを経験させてもらいました。入社当時は製造部で、約1年間、手包装や検品作業、充填機のオペレーターなどをさせていただきました。その後、品質管理部に半年ほど在籍しました。資材や原料の受け入れ、製品試験の書類作成などをさせていただきました。その後は今の総務部の所属になります。総務部内でも営業事務(現在は生産管理課内の業務に変わりました)から経理や労務と様々な業務に携わってきました。すべてにおいて特に経験もない素人でしたが、いろいろ任せていただけたことは、自分にとってとても幸せなことだと思います。
フィロソフィ1は「積極的に」という言葉ついています。私の場合、積極的ではないのですが、その時の流れで、たまたまいろんな部署や業務を経験させてもらうことができました。そんななかここ最近で積極的にやったことというと「ファイナンシャルプランナー技能士」の検定に挑戦があります。私は万協製薬に入社するまで経理や労務の事務の経験がありませんので、わからないことや困ったことがあれば社長、専務、または税理士、労務士、産業医などの先生方に聞いております(聞きまくっています。)ただ基本的なことがわかっていない場合もあるので、質問しても理解しきれないこともたくさんあります。このファイナンシャルプランナーの検定は保険(社会保険、私的保険)、税金、金融、不動産、相続(贈与)について基本的なことを勉強するので、総務課の業務内容にあたる部分も多く、勉強するにはとても良い検定だったと思います。2年にわたり総務課の目標に何かしら業務にかかわることの検定に合格するという目標をたてており、なかば強制的にも勉強しなくてはならず、良い意味で自分を追い込めました。
同じ目標をもつ冨田さんと、似たような仕事をしている私の妹もこの検定に興味を持ってくれて、一緒に受験をしてくれました。二人とも子供を育てながら、家事、仕事の、合間に勉強をして見事に合格しました。合格率の高い検定ではありますが、専門的な部分や普段なじみのない不動産や相続、贈与などは新しく覚えることばかりなので、いきあたりばったりでは合格できないと思います。二人ともすごく頑張ったと思います。妹は朝早く起きて、子供が寝ている時間の数時間を勉強時間にあてていました。その姿を見て、すごいなぁと感心しました。あと二人が私に言ってくれたことは「一人で受けるより、とぎがおったほうが頑張れるやろ」ということです。そんなふうに考えてくれていたのだとわかり、とても嬉しかったです。実際、一緒に勉強している人がいると、なかみについても話し合いができるし、お互い励ましあってできたので、途中で投げ出さずにできたと思います。
検定に合格することで総務課のひとつの目標は達成しましたが、勉強したことを生かすことが大切です。何もために勉強したかは実務をスムーズに間違いのないようにするためということがあります。頭にきっちり入っているわけではないし、難しいことほど忘れてしまうので今後も努力し続けていきたいと思っています。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.