私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

自分自身を育てるためにいろんな経験を積極的にする/竹内美穂子

昨年、1年を通して新人教育を行いました。今まで部分的に人に教えることはありましたが、自分が万協製薬に入社してから教えていただいたこと、自分が今している仕事全部を教えることは初めての経験でした。
段取りを組み、ひととおり流れを自分で作り教育に臨みました。しかし、そのとおりにはいかなくて何度も教えることが前後してしまい、新人に迷惑をかけてしまうことも多々ありました。新人の方は、とてもしっかりしていて、私の下手くそな説明も理解してくれて、復習をきちんとしてくれました。うまく伝えようとすると言葉が出てこなくて、自分自身情けないと思うことがたくさんありました。でも、新人の方が「分かりました。」と言ってくれ、実際次にその作業をしてもらい、出来ていたときはちゃんと説明できたと嬉しくなることもありました。
自分一人で作業していると気付かないこともたくさんあります。ほかの人の目線からみると改善できる部分がいろいろあるのだと思いました。例えば、製品保存サンプルを倉庫へ片づける作業があります。エルブ製品は、衣装ケースに入れて種類別に保管しています。その中で、マスクとクリームをチャック付きポリ袋にいれて保管します。マスクとクリームは、シュリンク包装されるとロットがとても見にくくなります。新人の方と一緒に片づけていたときに、「これって、袋にロット書いてもいいですか?」と言われて、ああ、そっか、そうすればすぐにロットが分かるなぁと思いました。ずっと、この作業をやってきたのに自分では全然気が付かなかったので、目からうろこが落ちたようでした。小さなことでも、作業時間の短縮につながるということがよく分かりました。そして、新人の方に仕事を覚えていってもらい、困ったとき分からないときは自分が助ける役目をしていくようになりました。そうすると、今度は自分のほうにも「これはこうしていったほうがいいな」と思うことがでてきて、そこを改善していきお互いに仕事がしやすい環境に少しずつ変えていくことができていると思います。
昨年一年を通して、新人教育を行い自分自身の成長にもつながったと思います。また他の人に仕事を教えるとき、気を付けなければいけない点、順序を考えて流れを伝える点などをしっかり考えていかなければいけないと思いました。ただ、仕事を教えるだけではなく、教えることによって人と人とのコミュニケーションにもつながるし、信頼関係を築けると思います。これから先も、現在自分がしている仕事をより理解を深められるよう努力し、他のことにもいろいろチャレンジしていき、もっと成長できるよう頑張っていこうと思います。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.