私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

1. 自分自身を育てるためにいろんな経験を積極的にする/北村紗貴

成功も失敗も含めいろんな経験をしていくことで人は成長できる。失敗を恐れて行動できないでいるのは、すごくもったいないことだと思う。だからこそ沢山のことに挑戦していくべきだ。けれど失敗することが怖くない人はいないだろうし、「挑戦する」ということは口で言うのは簡単だが実際に行動に移すのは難しい。

 入社してから一ヶ月が経った。振り返ってみると自分から行動できたことは、ほとんど無かった。今まで接することの無かった機械に囲まれ、何をどうすればいいのか分からない。
なかなか操作も覚えることができなくて周りの様子を見る余裕すら無かった。先輩からの指示を待ち、それが終わると次に何をしていいのか分からなくてまた次の指示を出してもらうのを待つだけの自分がとても申し訳なく思い嫌だった。けれど心のどこかで「新人だから」という甘えや、「もし失敗したらどうしよう」「間違っていたらどうしよう」という考えがあって自分から動くということがとても怖くて出来なかった。
けれど失敗することや間違えることが怖いと上司,先輩方に伝えたとき返ってきた答えに救われ、気持ちが少し軽くなったことを鮮明に覚えている。
「失敗するのが怖いという思いは大切だよ。慣れてくると自分は間違えないから大丈夫と思い込んで作業してしまうから。」
「間違えて機械が壊れても直せばいいだけだから、もっと自信を持って行動していいよ。」
今までは周りの方に迷惑をかけたくない、失敗したくない、そんな考えばかり頭にあった。けれど声をかけてもらったことで、怖いという思いも大切だけれど考えすぎて動けなくなるのが一番良くないということ、周りには助けてくださる方がたくさんいることに気づくことができた。それは今までの消極的な考え方を積極的に前向きに考えられる力になった。

これから続く社会人としての生活の中で、この一ヶ月で学んだこと今から学んでいくことをしっかり身に着けていきたい。失敗してしまってもその先に生かせるようにしていきたい。恐れずにいろいろなことに挑戦して経験することで自信に繋がり仕事の幅や可能性を広げられると思う。今後、振り返ったとき今よりもっと上を目指している自分であるように向上心を忘れず積極的に行動する。
それが私の今の目標であり、しなければならないことだと思う。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.