私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

できるだけ心のギヤをニュートラルにしておく/村林大輔

2014年度は調合課リーダーとなり新たなスタートを切り、自分の中で一番学んだ年でした。昨年4月から9月まで調合課リーダーをさせていただきました。自分なりには懸命にリーダーに携わりましたが、結果10月からはリーダー交代という連絡をいただき、正直悔しい思いでいました。しかし半年を振り返り自分の行動を改めました。前リーダーの神戸中さんに頼りすぎていた、リーダーとしてまとめきれていなかった、判断力や行動力の無さで皆に迷惑をかけることが多々にあったことに改めて気がつき反省しました。10月からはサブリーダーとなり現場作業を主に行いました。現場作業を行うこと現場の様子がよりわかり、初心に戻ることや見方を変えることリーダーの時に気づくことの出来なかったことが沢山ありました。リーダーの気持ちもわかり現場の声が直で聴くことが出来る。この2つのことを出来るのは調合課で自分にしか出来ないと思いました。サブリーダーになり見えたことで情けないことに4月からのリーダーの期間、現場のことを把握し切れていないことに気がつき現場や課員とコミュニケーションの大切さを実感しました。これからは役職関係なく『現場と事務所の架橋になり、さらに調合課をもっとよくして行きたいと強く思い覚悟を決めました。』
そうこうしている間に1月から再度リーダーをさせて頂いています。これは自分にとって再度チャンスをいただいたと思い毎日働いています。しかし自分の情けなさに腹がたつことがあります。相手に思いを伝えることの難しさ、判断の難しさ、容量の悪さと気づきがかけていることを日々痛感し反省している毎日です。しかしサブリーダーに戻って3ヶ月間経験したことが自分の何かを変え自分の何かが動きました。
万協に入社し色んな経験や先輩・課員の言葉が自分にとって刺激となり『財産』になっています。
一年を振り返り自分のとって大切なのは「できるだけ心のギヤをニュートラルにしておく」です。いつも何か問題が起きたら慌ててしまい、空回りすることが多いです。そんな状態
だったら良い改善策も見つからないだろうし、判断ミスにも繋がります。しかし失敗を恐れていてはなにも始まりません。失敗から学び前に向いていこうという気持ちになりました。過去の失敗や行動を無駄にしない為にも、問題にぶちあたり経験を積み甘くない自分を築き上げて行くことが今の自分の目標です。
仲間を信じ自分を信じリーダーとして精一杯挑んでいきます。
これからもよろしくお願いします。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.