私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

出来るだけ心のギアをニュートラルにしておく/南 奈紀沙

今まで私が仕事をしてきて、常に心掛けていることが、平常心を保つこと、物事を柔軟に対処するということです。万協で働かせてもらうようになってから、機械の操作を任せてもらうなど、様々な経験をさせていただきました。しかし、機械のトラブルや、自分自身の失敗により、度々パニックになってしまったり、焦ってしまうことがありました。このようなことがあると、トラブルを治したり、失敗をいかに挽回するかが大事ですが、ここで焦ったりしてしまうと二度手間になったり、周りに迷惑を掛けてしまうということになってしまいます。それに合わせて自分自身も思った通りに出来ないもどかしさからイライラしてしまって思いもかけないところからまたトラブルに発生してしまうこともあります。失敗をするということはいいことではないですが、失敗を経験し、次回は同じ失敗をしない様心掛けることができます。失敗の中で新たな発見が出来ることもあります。そして心をニュートラルにすることによって、パニックが軽減されたり、精神的にも落ち着いて対処出来たり出来るので心をニュートラルにするのはとても大事だと思います。私も充填課に配属されてからクリーム充填機、注入軟膏充填機と様々な機械を操作するようになりました。特に注入軟膏充填機では心をニュートラルにしきれないうちは失敗するとイライラしたり、落ち込んだりを繰り返していました。そして、失敗をすることによって様々な人たちに迷惑をかけてしまいましたが、その分助けていただき、とても感謝することがありました。そのうちオペレートに慣れてくると、心に余裕ができ、失敗する前に気づくことがあったり、以前はここで失敗したから同じことがないよういつも心掛けることができ、最近では自分自身の失敗はほとんどなくなったかと思えるようになりました。このように様々な失敗をしてしまいましたが、その経験を忘れないよう心がけて、以前よりは平常心を保てるようにはなったと思います。そしてその経験によって同じ失敗をした人たちにも自分も経験しているから確実な対処法を言えたり、その人の不安軽減にもつながると思います。精神的にも同じことが言えるのですが、私はかなり落ち込みやすく、仕事で失敗してしまうと何日にも渡り落ち込んでしまいます。この時の私は心を正常な位置に持っていくのが下手で周りの人達にマイナスな発言を沢山してしまい、いろんな人に迷惑をかけて不快にさせてしまいます。このような場合でも心をニュートラルにしておくのはとても大事なことだと思いました。心がニュートラルであると、心の切り替えがスムーズになり、自分自身も苦しまずにすむし、何よりそばにいる人たちが不快にならずにすみます。
 私は今期で充填課から包装課に移動になりました。そして今まで経験のなかった教育担当も任せてもらいました。移動したことによって、一から覚えることがたくさんありますが、出来るだけ心のギアをニュートラルにすることを忘れないよう心掛けて、周りの人達と気持ちよく作業出来るようにしていきたいです。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.