私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

自分自身を育てるためにいろんな経験を積極的にする/中村航輔

僕は会社に入る前にはいろんな経験に積極的に参加をし、常に楽しいことばかり積極的に経験を積んでいました。大学を卒業し、万協製薬で働くことになり社会というものをしり、今までにない社会的責任というものが増えました。今まで経験という物は「楽しい」と思う事だけをしていたので、経験って最高!と思ってはいたのですが、会社でする経験とはとても前が見えない道を歩くような不安が沢山ありました。消極的でした。
 会社に入りもう1年が過ぎた今はというと、新しいことを始める。やってみる事がとても楽しい自分に戻っていました。自分が入社をして、1年でなぜ思考が変わったのか。これこそ自分が経験した中で変わってきました。最初は嫌だった研修や座学は、今では自分から行きたいと発言できるようになりました。色んな委員会なども自分は伝える力もないし、文章力もなにもなかったので、とても参加できるような人間ではないと思っていました。ですが、そんな自分を変えたきっかけが、人の話から相手の伝えたい内容にフォーカスをあててみると、変わるのでは?と言われたことが自分にとって自分にとって変わった時でした。頭の歯車がカチッと合わさった瞬間でした。
 嫌だった座学では、相手の伝えたい内容を知ろうと努力して聞くと別に嫌なことではないのだなと自分の思考が変わりました。委員会などでも、自分委員会に選ばれたのには、成長して欲しいという願いを込めてメンバーに選んでくれた人がいること。自分が嫌だと思っていたのは、ただ書類作りや書くことが面倒だと表の面だけで判断をし、内容や選ばれた理由などは「嫌だなぁ」とマイナスな事ばっかり思っていたこと。表の面だけで見ていた自分が中身を知る事によって、本当にプラスの方面に考えるようになりました。積極的になれなかった自分はマイナスのことばかりいつも言っていたのかもしれません、マイナスを吐く人には、良いことはやってこないと分かりました。プラスの事ばかり吐いていると良いことがやってきて、それが自分にとって良い経験が増えることだろうといつも自分に言い聞かせています。今まで嫌だったことはなくなり、逆に楽しさとワクワクでいっぱいになってきています。自分が経験としてやってきたことはプラスの事ばかりだなと思い返しました。経験とは自分を育てる良い機会だと確信が生まれました。これからも積極的な行動を心がけたいと思いました。経験とは成長なり!

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.