私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

自分自身を育てるためにいろんな経験を積極的にする/別所恵子

先日、全体集会の司会をさせていただく機会を頂きました。
人前で話すことはとても苦手であり、又、パソコンの操作も苦手な私ですが、たくさんの方の協力のおかげで役を終える事が出来ました。
中でもエネルギーグラフの作成は長くも短いと感じる過去を振り返る事が入社して15年目となった私にとって、一つの区切りとなりまた新しいスタートをしようと言う気持ちになりました。
私の職歴の中で15年は長い月日です。過去に数人の人から「長く務められる秘訣は何ですか?」と聞かれたことがあります。その時は「毎日、出勤すること」と答えていたのですが、今は「毎日が平凡ではなく、変化があり面白いこと」だと答えます。人は楽しいこと、面白いことがなく、達成感などがないと、あきてしまいつまらなく思うのではないでしょうか?
私には苦手なことがたくさんあります。感想文を書くことや人前で話すことだったり、運動が苦手だったり、私にはできないと思っていることでも周りの人たちの助けや応援、時には励まされることによって挑戦したり、達成することが出来たとき、それは後から面白い、楽しい、という日々の中でのスパイスともいえる働きがあるのだろうと思います。
去年は消費税の増税により繁忙期がありました。
そんな折、思いがけず交通事故にあい療養させて頂くことになりました。そんな時、突然宮崎さんの訃報を聞きに驚いてしまいました。宮崎さんとは、同じころに入社をしたので、職場の仲間として長い間お世話になりました。いつも冷静沈着で優しく穏やかな人で、どなったり怒ったりしているところを見たことがありませんでした。思い出されるのは、面白いことを言い笑っている姿です。
面白い言葉は自分だけではなく周囲の人にも笑いを与えます。忙しい時だからこそ面白さが必要なのだと思いました。
又、自分自身から積極的にいろんな経験をした方が面白くなるのだと

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.