私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

いい人に会いたいといつも心に念じる/竹中裕史

「いい人に会いたいといつも心に念じる」このフィロソフィーについて書くのは二回目
です。前回書いたときと違い現在の自分は思うこと考えることが違っていて面白いと思いました。今まで自分にとっていい人(よくしてくれる人)だと思える人と出会えることを多く感じていて、自分が仕事するにあたってそういう人たちとだけつきあって一緒に仕事していけばうまくいくと思っていました。
人はいいところ、悪いところそれぞれあって、だいたい悪いところが目立ってしまいま
す。しかしそこだけにとらわれることがないようにすることが大事だと最近よく思います。
仕事をしていて理不尽な要求をしてきたり、自分が機嫌悪いからとそれを相手にぶつけ
たりと自分のことばかり考えている人がいたとき、今まで自分はその相手とは距離を置いて適当に接しようと思っていました。でも表面の悪い部分だけにとえらわれずそういうふうに相手がしてくるのは何故なのか?を考えこの現状を変えていけるようにしていくことができないのかを考えるようにしました。そうすることで相手とのコミュニケーションも増え、この人はこんな考え方・仕事の仕方をするのだと見えてきました。そしていい部分も見つけることができそこから自分に足りない部分に気付けた気がしました。そうしたことから昨年度は改めて社会人として成長できたのではないかと思っています。
「いい人に会いたいといつも心に念じる」は、出会う相手のいいところ・悪いところを見
つけ自分とその相手にとって有益な関係を築いていくことではないかと感じます。仕事で忙しかったり、困ったりしてもお互いに気付き助けあうことができるのではないかと思います。従業員が増えたこの万協をより良くするために今後必要なことだと感じています。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.