私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

できるだけ心のギアをニュートラルにしておく/田中一都

いつの間にか万協製薬に入社して15年になりました。すごく長いはずですが、短く感じています。いっしょぐらいの時期に入社した人は何人か退職してしまったり、また何とも言えない悲しい別れもありましたが、僕は続けられています。こんな僕でも15年続いていると考えるとやっぱり万協製薬は良い会社だと思いますし、第三者から見ても良い会社なんでしょう。人によっては良い会社の基準は違うと思います。例えばお金がたくさんもらえるからだとか、人より良い役職や地位が与えられるからだとか、仕事の内容、そのやりがいなどいろいろあると思います。万協製薬では例えば、お金に関しては一般的に多い?少ない?または平均なのか?といった感じで明確ではなく、そこは満足の理由にはなっていないように感じます。しかし役職や地位に関しては、ずっと変えることができないのか?なかには何十年と変わらない人もいますが、万協製薬ではジョブローテーションがあるので定期的に役職は変更していきます。これは良い意味なのかどうかわかりませんが、人を蹴落としたり妬んだり嫉妬したりすることが、他の企業に比べて少ないように思います。だからそれぞれチームワークが良いことで万協製薬が家族のように温かく良い会社の理由の一つに挙げられます。そして何より僕みたいにジョブローテーションによって上も下も経験している人間にとっては両方の気持ちがわかります。しかしそのことで新しい仕事を教えてもらったりする時の接し方をとても悩みます。勤続年数の長く他部署でやってきた僕に対して相手も接し方に気をつかってくれていると感じるときもあります。気をつかわせて悪いなあと思う時もあれば、品証のある業務に関しては未経験なことで相手は僕に新人と同じ扱いをしていいのか?と思われている時もあり、そうならないように変なプライドが出てしまったりして、ジョブローテーションをすることで仕事を覚える大変さはもちろんのこと、そういった悩みも抱えています。相手との勤続年数が違えば違うほど僕のことを知らないのでそういったことが多々あります。業務のほかに、ここを上手にやっていきお互いが働きやすい環境を築いていくことこそがこれからの僕の課題だと考えさせられています。これからも他の品証の業務をしっかり習得して品証全体の業務を助けられる、そしてゆくゆくは部署を越えて第一工場全体の業務を助けられる存在になれるよう精進していきたいと思います。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.