私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

バンキョーフィロソフィー職場体験談2015 連載中

自分の目で見て考えるくせをつける/吉田則子

新製品「ネグミンガーグル7%」が4月から始まりました。今回の包装工程で担当に入りました。その作業工程での気づきについて書いてみようと思います。
 包装工程で能書の入れ忘れ、封緘テープ張り忘れを防ぐ為3名で作業を組んでいました。
まず包装課リーダーと使用説明書50枚の管理方法を考えました。入れ忘れ防止策としてバンジュの中への配置方法を考え作業をしながら検証して見る事にしました。
実際に作業を始めてみると立会いもあった為まだ落ち着かず流れが見えてきていませんでしたが2日目で、自分の作業をしながら3名での手間ち時間が見えてきた事に気がつきました。削減方法を自分なりに色々と考えるようになって来ていましたが自分の提案を直属の上司に話すかどうか?で心が揺れてしまいました。それでも一日中をかけて納得して貰える提案をじっくりと考えました。勤務時間が終わって帰宅しても頭の中は「ネグミンガーグル」の事で一杯でした。これなら誰が担当になっても3名から2名になっても作業出来るというところまで考えがまとまってきたのでリーダーに話をきいて貰いました。
「2名で出来るかどうか?検証させて欲しい」旨を伝えました。提案をするからには、いい加減な意見ではできないしと思えば思う程心臓がバクバクしてしまい声は震えました。
直属の上司から課長に話をとうし検証許可を頂いた時は大変嬉しかったです。ただここで驚いた事はひとつのものを動かす事がこんなにも大変な事なんだと思い知らされました。
いままで私は会社の為に何回?頭使ってきたのかな?という反省点も見えてきてしまいま
したがおかげさまで検証の結果実証されました。
皆に比べてしまえばちっさいちっさいことですが自分では達成感を感じています。
今回、担当させて頂いたことにより自分の目で見て自分で体験して考えることできました。
そして何よりも最初に話を聞いてくれた方々が話しやすい方でとても良かったです。
話を押しつぶされていたら提案する機会もなかった事でしょう。
こんなにも頭を使って提案したのは「キャミレールQ10」以来、何年ぶりかっ!って感じです。キャミレール時代は頭の中キァミレールでした。久しぶりにワクワク感と熱くなるパワーがでました。
いつも細かい作業工程段取りを毎日毎日心配してる方を見ていると大変だなぁと思ってましたが大きい達成感と次のステップになっていくんだと気がつきました。
なんとなくこなして行く作業ではなく新しい発見、新しい気づきができるようにまた明日からでも周りを見て考えていけるようにこれからも頑張って働かせて頂きたいと思います。

夢多き新人さんには、
失敗を恐れず小さな発見をいっぱい見つけて色んな挑戦をして、いっぱい楽しんで
いける力を身につけていって頂き喜びや達成感をバンキョウで沢山経験して貰いたいと願います。

最後に
部下の意見を配慮してくれる上司がいる会社は「いいね!」

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.