私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

社長の多忙な日々

鈴木珠実

毎日、毎日フェイスブックに色々なことや社長の思いを書いていることにすごいと思ったのが、最初の感想です。

忙しくいつも時間に追われている社長がずっとフェイスブックを続けられるのは、並大抵なことではないと思います。
どう時間のやりくりをしているのだろう。
社長には、お休みという言葉はないのでは・・と思ってしまいます。

一般的な社長が、フェイスブックに書くことといえば、仕事のことが多いような気もしますが、社長は全然違います。
とても話題豊富で、だからこそ人を惹きつけるのだと思います。
社長のフェイスブックへのコメント数は有り得ない数になっているのがその証拠です。
みんな社長に惹かれてのことだと思います。

私は、社長が書くフェイスブックのなかでは、家族への思いをかいている文章が好きです。
仕事に忙しい人は、家庭は次に考えている。
そんな勝手な思いが、私の中にあったのですが、社長は全然違います。
色々なとこに飛び回り、時間に追われているのに、とても家族を大事にしています。
父親として、3人のお子さんへの想い。
琴子ちゃんが受験のときは自分のことのように考えたり、信ちゃんの男の子としての成長、栄衣子ちゃんの可愛い表情のことなど・・・
父親として当たり前のようですが、これがなかなかうまくいかないものです。
きっと、社長と3人のお子さんとの間には深い愛があるのでしょうね。
お子さんへの想いもそうですが、慶子さんへの想いはすごいと思います。
長い間の夫婦生活の中では、気持ちも変化していくものですが、社長はいつも陰で支えてくれている慶子さんに対して感謝の気持ちを言葉にしています。
どれだけの旦那様が自分の奥様に感謝の言葉を伝えているのでしょう。
とてもうらやましく思います。
この素敵な夫婦関係だからこそ、お子さんたち3人も素敵に育っているのだと思いました。

いつも忙しく飛び回っている社長とは、なかなかお会いすることもありませんが、フェイスブックを読んでいると、社長の仕事への思いや家族への思いがよくわかります。
これからも、社長のフェイスブックで色々なことを吸収したいと思います。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.