私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

僕の変化~松浦信男氏のフェイスブックを読んで~

木村真吾

今まで、自分が社長のフェイスブックにどのように書き込んでいたかを振り返ってみました。
 わかった事は、社長の影響を受けて自分の文章が変わったということです。
 いろんな方から短い文章で、よくまとまっていて面白いねと褒められるのですが、僕自身はよくわかっていません。きっと社長の文章を読んで、いいとか、わかりやすいなという書き方をパクッているからかなと思います。
 やはり、なんでも良いものをどんどんパクッていかないといけませんね。仕事もそうです。
 社長のフェイスブックのおかげで、毎日いろんな方向から物事を考えれるようになりました。国のニュースにしても、自分達がどうあるべきなのかを真剣に考えるようになったと思います。
 今までの、社長の投稿に対する僕の書き込みで気に入ったのを掲載しようかとも思ったら、こんな量になってしまいました。後半になるにつれ、深みとコクが増してきているのがわかるかと思います。
 全体を通して、社長も僕も、家族と日本という国が大好きなんだなと感じました。
 これからも、日本人としての僕をアピールできるような投稿を目指して行きます。

「つらいでしょうが頑張ってください。 痛友」
「僕も幸せものだと感じています。」
「闘いの前に立つもの、後で笑うもの。後者が多い現在で、僕はドンドン前に出て行こうと思います。」
「松浦万協塾ですね!花王さんの、ベンチマークは熱いと聞きます。楽しみです。」
「我が家の愛娘も、ピアノを習ってますが、まだまだそのレベルじゃないです。発表会で、娘がピアノを弾く姿ってなんか頑張ろうと思わせてくれます。」
「最高の賛辞ですね。進化するのは変態できる種に与えられる能力です。」
「メリクリ、メリクリ!今日の朝は、気持ちいいですよー。素敵な事が起こりそうな、もっと前に進もうと勇気をくれそうな!とても清々しいです。プレゼント(童話本)を、目を輝かせながら読む娘を見ながら、僕の心は満たされています。」
「おはようございます。ゆっくり休めてよかったです。僕は、やるべき事が、ぽんぽん進んだ、とても充実した休みでした。社長が、いるからこそ自分が存在できるとう感謝。だからこそ、思いっきり前に進んで行きます。」
「僕はスキーした事ないのでわかりませんが、気をつけてお楽しみ下さい。」
「息子と一緒に遊びに行く。いつまでもそうありたいですね。」
「すごーい?感動的な絵ですね。あー、息子が欲しいです。」
「お帰りなさい。はしゃぎまくって風邪引くなんて、子供のようですね(笑)でも、それが魅力なんだと思います。
今年、弾けた分、年明けは素晴らしいでしょう。年越しまで、お酒でも飲んでゆっくりしてください。」
「明けましておめでとうございます。今年も、ワクワクドキドキな一年をよろしくお願いします。」
「社長の文章に「、」が多いという事でしょうか?僕も最初も、そのように感じましたが、実はその方が、読み手に優しい(理解して読みやすい)ですし、まるで話しているような臨場感があります。だから、僕も真似しています。」
「雑煮は、母の味。慣れた雑煮が1番うまいですね。フィギュア共々、捨てられなくて本当によかったです(笑)」
「感謝の祈りが、皆を結び続けるのですね。そういえば、家でも会社でも、神棚に手を合わしてない事に気付きました。習慣にします。」
「年始そうそうワクワクがノンストップですね。」
「クッキングパパや、美味しんぼ、ミスター味っ子好きですので、興味深いです。ところで、今回の課題図書は、「飛ぶ教室」ですが、娘が先に読んじゃいました。今後は、僕と2人での感想文に挑戦します。」
「そろそろ乗れそうですね。戦車で、出社も乙!」
「ほんとに、この時期にするのは可愛そうですね。ウカールは2/3のほうが、僕は好きです。残りの1/3は君ががんばれ!て言ってもらったほうが燃えるタイプです。」
「素晴らしい!このような人と結婚したいと思います。(既婚者ですので、それくらい魅力的ということで・・) 僕も祈ります。」
「こんなに想ってもらえて幸せですね。2日間の闘いの、大きな支えになること間違いなし!」
「すげー、疲れましたね。僕は、16kmランと4kmウォークでギブ!」
「フルダラソンお疲れ様でした。すごい充実感と、今年の目標ができてよかったです。センター試験ですが、2日目は理系ですね。天候も良く、リラックスして受けるにはとてもいい状態ですね、今日は、自宅の庭に砕石を敷きながら祈っています。」
「そんな顔ですね。覚悟が感じられます。」
「今朝のニュースで、17年たった今でも、復興住宅で暮らす人がたくさんいる事を知りました。
これほどの傷だとは、当時高校生の僕には想像できませんでした。
今日は、今の幸せに感謝する日です。」
「この決意こそ、不退転の決意というのでは?首相さん来たのですかね?」
「愛してますよ(笑)ぶれない覚悟があるから、頭も下げる事ができると思うのです。プライドとは、そういうものでしょう。自己満足と勘違いしがちな人をよくみます。」
「昨日は、ありがとうございました。娘の小学校で、講演してもらって感激です。PTAで、講師を探す事になり、松浦社長を推薦してよかったです。今日の講演会も楽しみです。」
「僕の人生で、とても大切な貴重な1日でした。社長の講演、会場中が、笑いの渦でしたね。本やDVDを買う人の列が、百人越えてるのが、感動的でした。日創研の研修を受けていた時,講演されている社長さんたちの話しを聴いて、こんな熱い社長さんがいる会社で働きたいと夢見ました。そして、松浦社長と出会い、その松浦社長の講演を、日創研の会場で聴いて嬉し涙しました。これからも、どんどん熱い会社になるよう、全力で楽しもうと、そう思いました。」
「おお!ことばの意味はわからんがとにかくすごい自身だ!」
「小学生の頃、父親のビッグコミックでよく見てました。」
「たのしみですねー。王様の別荘でしたか、とかげがうようよいますよ(笑) ちなみに現地のペットボトルの口は、曲がっていて飲みやすいと思いました。」
「屋台料理がいいですねー。でも、生ものには注意してください。」
「ロマンテックラプソディーですね。」
「日本との違いを、また教えて下さい。」
「パタヤビーチ行った事ないです。楽しみですね。アイアイ、アイアイ、はい、100円(笑)」
「お風呂からの撮影ですか?いやらしいですね(笑)」
「すごい!行ってみたいですねぇ。イルカというよりジュゴンに見える(笑)」
「おめでとうございます。僕は、一年後にシートベルトで捕まり、次回からブルーです‥?気をつけて下さい。」
「たたみかけるようなダジャレの連続ですね。楽しさがつたわります。」
「昨日の対談を聞いて、知事の事が好きになりました。知事、岸川さん、社長の三人がいれば三重は大きく変化しますね。今までCSRを専門用語としか、理解してませんでしたが、最近自分の中で強く想うようになった事が、SRだとわかりました。企業だけではなく、自分自身のSRも大事だと。自分が地域のリーダーとなって、みんなが笑顔な社会にする事、ソーシャルレスポンスアビリティ(社会とキャッチボールする力と解釈しました)!恥ずかしながら、今年は実行の年にします。手始めに明和町と志摩市を変えてみたいと‥。楽しみです!」
「頭の良い人らがいるはずのなのに、政治はいつも下らない事ばかりですね。決断して行動できる人が少ないのでしょうか?皆平等に幸せなんてあるわけないですが、、少しでも多くの人が幸せになるチャンスはあると思います。とても、じれったいです。」
「まごクリくりくり byおぼっちゃま君いいですねー。僕らも負けてられません。」
「この世に実現できない事はないよと思わせてくれますね。僕も、子供達にそういえるおっさんでありたいです。」
「やりましたね!おめでとうございます。楽しい未来になりそうです。」
「おめでとう、おめでとう、おめでとう!医術は、神に近い職業だと思います。また、人の未来を大きく左右する職業だとおもいます。人の、地域の、日本の、世界の何かを治す医者を目指して欲しいとおもいます。そして、あなたはすで家族の心を、そして僕達の心を大きく動かし始めました。そして、心からお慶び申し上げます。」
「内装がアルファードな、ハイエースはかなり魅力ですね。是非、実現して欲しいです。」
「ONE PIECEのルフィみたいですね。魅力は、簡単に身につかないですもの。覇王色の覇気を身に纏ってますね。
人の心を震わす力は、パパ譲りヽ(´o`;」
「それだけ、カラフルな未来を、描いているのかも知れませんね。アーチストですな。」
「なぜ、エビアンなんでしょうか?ってなぶぶんを気にしちゃう小さな男です。」
「大事な事をしているなら、アピールしないといけませんね。人のアピールを自分の糧にする人と、馬鹿にする人の未来は雲泥の差ですね。」
「羨ましいです。娘さんの未来のために、開拓しまくりですね。」
「やさしい奥様ですね。今夜もどうぞ!」
「中央の方、宙に浮いてませんか(笑) きっと大きな悟りをお開きになられたのでしょうか?神ですね。合掌!」
「子供チャレンジ大事ですね!ベネッセのやつとは違いますが(笑)残り少ない制服姿、思う存分着てください。」
「あの大人気の青い本ですね!車ですが、我妻もマーチがいいそうです。僕は興味無かったのですが、この写真のようなカスタマイズできるなら、欲しくなりました。」
「おはようございます。前列右側は中村雅俊さんですね。それはさておき、お祭りの前夜祭ですね!26日に向けてボルテージが急上昇!」
「お誕生日おめでとうございます。これからの十年は是非世界を相手に攻めましょう!非力ながら、お供仕ります(笑)小説早く読みたいです。不抜けた奴らを、ぶっ潰して下さい。まずは、これから最良の一年に‼」
「力の入りすぎた一本より、気軽な一本の方がすばらしい作品になるときは多々あるように思います。やっぱ苦しむより、楽しむほうが大事ですね。社長のおかげで、僕は人生を楽しもうと思えるようになりました。」
「自分たちの住む世界を自分たちのために変えれないのなら、生きている意味がないですね。世の中がどんどん変わっているのがよくわかります。変化を楽しむ人は幸せに、現状維持の人は不幸せにと明らかに仕分けられる世の中になりそうです。楽しみ!」
「我が家は三人で、iPadの争奪戦です。未来と家族が、より身近になりました。1人一台よりも、家族で一台の方がいいと思います。昔のTVチャンネル争奪戦みたいで、自然と皆がお茶の間に集まるように思います。」
「慶子さん、お誕生日おめでとうございます。キャベツ高いですが、そんな時は、グリーンボールで代用ください。」
「お熱い!お熱いですね、ヒューヒュー♫」
「ちょっと左に傾いてますね(笑)右からは攻めないようにします。」
「凄いカミナリでしたね。神がいかっているかのようでした。感謝して生きようと思います。冷蔵庫残念でした。発注はエイデンで承ります(笑)」
「男子学生よ、肉食たれ!僕は今でも彼女を求めています(嘘)」
「僕は惚れている方なので、村上龍さんをリスペクトします!」
「僕も、ザイロリックとウラリットを飲んでましたが、現在は片方だけです。治る喜びに感謝です。」
「太極拳とかしてるんですかね?社長も是非!画像待ってます。」
「今までの歴史を思い起こせば、日本は元々国外を常に視野にいれてきた国です。この前の戦争でみんなに怒られて、ビビリまくってますね。怒られないやり方をすればいいだけなのに・・。攻めたい人と守りたい人とで国を分けて欲しいです。守りたい人ばかりになった時、その愚かさに気づくと思うからです。攻める人におんぶにだっこで、しかも文句を言うようなこの情けない状況を少しでも変えていきたいです。」
「おはようございます。我々は銃も剣も常備していませんが、心に決して折れない刀を持つ事は出来ます。
今はその刀を抜く時ですね。」
「今日は朝一でお土産いただきにあがります。いつも、本当に申し訳ないです。」
「僕は昔から紫陽花が好きです。このジメジメした時期に、花を咲かせて見る人を愉しませてくれるサービス精神が好きです。」
「おはよー!木村です!ただいま、東京に向かっています!この反響を糧に、リピーターを増やしましょう。」
「毎年、インターフェックスに出展する意味をこのように理解してきました。告白したい彼女の住む町で路上ライブをしてみる感覚ですかね?俺の歌を聴いてくれみたいな(笑)」

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.