私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

フェイスブックで自分を表現する

竹中裕史

 社長のフェイスブックでの投稿やコメントいつも興味深く見ています。いつも見ていて、家族との身近な出来事からニュース等の社会に関する出来事までさまざま分野の出来事がたくさん書いてあり視野がすごく広いなぁと思いました。さらにそのニュース等の社会に関する出来事についての知識の量が豊富だなぁと関心しながらいつも見ています。僕もフェイスブックを始めましたが、「いいね!」とか友達達へのコメントはいくらでもできるけどなかなか投稿ができていないです。たまに投稿ならできるけど、社長のように投稿を毎日継続してできるということは、ほんとに素晴らしいことだと思います。

他社と違って万協は社長との距離がほんとに近いなぁと思います。全体集会や誕生日会など社長と交流する機会がほんとに多いです。さらに最近はこのフェイスブックでのたくさんの出来事を通して社長の考え方がすごく伝わりやすくなっていっていると思います。他社ではなかなかないことだと思うのでほんと万協は風通しのよい会社で素晴らしいと思います。

 自分の考え方を言葉ではなく文章にして表現するということは、とても難しいことだとおもいます。しかもそれをフェイスブックでは見ず知らずの人達にみられると考えると、なかなかうまく表現することは難しいことだと思います。でも社長のフェイスブックでの投稿を見ているとその場の雰囲気や、社長の思いがそのまますごく伝わってきます。他人なんか気にしないで表現することも大事だけど、周りのことも尊重しつつ自分の考えを表現している、だから社長にたくさんの人達が惹きつけられてたくさんの交流が生まれるのだと思います。フェイスブックやその他のことでも、僕ももっと自分自身をうまく表現してだしていきたいなぁと考えています。そしてたくさんの人達と交流してもっと自分の考え方や視野を広げていきたいなぁと思っています。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.