私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

めざせ10年日記(とりあえず5年)

木原紀子

 昨年の6月のFBをみてみると、中国訪問の話題がありました。今年の6月も中国訪問の話題がありますが、昨年とはまた違った内容で、でも、上海が好きな街というのは同じでした。
こういうふうにみてみると、FBは写真もついたちょっと豪華な日記のような感じもします。毎日の書き込みを何年間も続けて、数年後に振り返ってみると自分の考え方やものの見方の変化がわかります。もしかすると自分のFBを個人のために1つの冊子にするという商売も案外いけるかもと思ったりします。

 FBがブログや他のMSNと違うのは匿名ではないというところではないでしょうか。その分、自分の発言に責任をもたなければならないので、文章がしっかりしていて、個人の考えや思いが表現されていることが多いと思います。そしてまた、顔のみえる相手とやり取りする事で意見の交換もできるので、ちょっと大人のコミュニケーションツールのような気がしています。

 2011年5月~2012年3月までの社長のFBですが、まず思ったのが、毎日忙しいなあということでした。いろんなところに行って、いろんなことを考えられているんだなあ。頭がフル回転だと思いました。チクリとした話題の中にもユーモアがあり、読んでいて楽しさや驚きがありました。この期間のFBで個人的に一番おもしろかったのは1月3日の文章の中の「ああ、今年も捨てられなくてよかった?!本とフィギュアとわたしである!」でした。思わずニヤリとしてしまいました。

 普段忙しくてなかなかお会いすることのない社長ですが、こうしてFBを通じてコミュニケーションをとっているような気がします。いいね!のみのリアクションではありますが、いつも楽しみにしています。これからも配信よろしくお願いします。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.