私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

「フェイスブック松浦信男20110518~20120331Facebook」感想文

山口 篤慶

 社長が日々お忙しい中で、毎日の更新を欠かさないのは凄いことだと思います。
 私には日記を書く習慣がありません。何かの記録を取っているということもありません。
 日本や世界中を日夜飛び回られている社長のエネルギーにはただただ驚くばかりです。
 社長への面会で企業からではなく個人で来訪する人がいるというのは、それだけ興味深いものを持たれている、ということが改めて分かりました。
 社長が居る限り、多気町や三重県の変革は続いていくと思いました。
社長がよく話題にされている日本の政治の仕組みについては、今の日本の政治家はどうすれば自分たちの好きなように国を動かせるかということにばかり執着して、その後国が世界からどうなっていくかを大して考えていないと思います。
 税制のこともそうですし円高も今の状態がさらに続くと日本の産業は本当に潰れてしまいそうです。
 税収や自分たちに利益や権益の回る計算は一所懸命やるみたいですが、増税ばかりしても払える人が居なくなっては国として破綻してしまいます。
国を任された政治家には日本という国を護るためにもっとしっかりして欲しいと思います。
 東日本大震災の対応で放射性物質の拡散予測システムや非常時対応の設備がまったく役に立たない、立てていないことが世間に知られてしまいましたが、その後も事後報告というか、危機感の無い対応が目立っています。
 このあたりに民間の高速道路や鉄道が早期復旧できたこととの差が出ていると思います。
 はっきり行って国や行政の対応より民間の対応の方が格段に速く、確実で、無駄が少ないと思います。
こういった生き残るための危機の回避をせず、その場の対症療法のみで続けていくならば、日本という国自体がもはや国として成り立たない状態になっていくのではないか、と私は感じています。
 暗いニュースも多い年でしたが、時折見えるご家族の話題に、社長の奥さんやお子さんへの愛情をひしひしと感じ、癒されることができました。
 どんな時も分かり合える家族って素敵だなと思いました。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.