私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

社長のフェイスブックを読んで

別所恵子

私が万協製薬とご縁をいただいてから、早12年の年月が流れました。

以前のように社長と働く事もなくなり、会話をすることもほとんどなくなりました。しかしフェイスブックを通じ、社長の考えや方針、プライベートまでわかる事ができるようになりました。長い人生を生きてくうえで誰もが大なり、小なりの潮の満ち引きのように良い時と悪い時が交互におとずれてくると思いますが、社長はフェイスブックを通じ、自分みずからの体験を通じ、いつも楽しく、前向きに生きている事を発信し、エネルギーを読んでいる人々に与えているのだと感じました。そして、子ども達の会話や写真を交えて、子供達の成長と夫婦の絆をなによりも大切にして人生を楽しんで生きているのだと思いました。私も去年、結婚しましたが、今年は病気が発覚して、2度目の手術をすることになり、大きな波にゆさぶられている自分に戸惑っています。

それでも、生きていることに感謝し、社長のように前向きに人生を送っていけるように頑張りたいと思います。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.