私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

2011年度 松浦信男社長 FaceBookデータ2011/5/18~2012/3/31を見て…

磯田真澄

すごい!!と思っています。日記が1週間続かない私には出来ない忍耐力です。皆様からの返信も力になると思いますが、発信するエネルギーは本当にすごいと思いました。文章はもちろんですが、講演や研修、イベントへの参加などなど、行動範囲が広すぎて、すごく遠い世界の人に思えてしまいます。社長のコメントで「私と万協製薬は個別な存在である。離れたり、くっついたり、まるで恋人のような関係だ。だからこそ16年も社長を続けていけるのだろう。」というのがありました。個別な存在でなくても社長は社長を続けていられるのでしょうが、今の万協らしさのない会社になっているのでしょう。社長がいろんな風を運んでくださるので、いつでも新鮮な空気を吸うことができているのだと思います。とてもすてきなプレゼントです。

FaceBookは日記を覗き見しているような気がしていたのですが、熱いコメントが繰り広げられているのを読むと、参加している(コメントしている)のが楽しそうです。共感や反論があり、どちらの意見も正しいと思えることがあるので、自分の意見を言葉にして相手にきちんと伝えることの必要性を感じました。政治(税金)や社会(韓国ではパチンコ廃退や保育所状況など)のコメントはその人の立場での、それぞれの異なった自由な発想が
印象的でした。

来社してくださる方の多さにも驚きです。なかでもFaceBookを見て自ら連絡をとり、フィギュア館を訪れた3人の子供たちのうれしそうな写真が素敵でした。フィギュア館での写真は皆さんが、やさしいお顔で写っていていいですね。写真つながりですが、栄衣子さんの写真大好きです。とても明るく楽しい気分にさせてもらいます。プリクラ写真の社長のコメントで「ありがとうございます!私の宝物です!!」とありました。社長家の幸せを拝見させてもらい、羨ましくあり、私も幸せな気持ちになりました。DVDを頭から見てしまった為、新しい日付順で読んだので、琴子さんの学生生活→お祝い→合格→受験→努力勉強の順でしたが、いつの時も社長の琴子さんへの愛情エールがあふれていました。本当におめでとうございます。多気町に病院を設立してください。よろしくお願いします。

日々いろんな視点からコメントがあるのですが、震災や事故などの命の話は涙します。暖かい心のコメントがあると胸がジィーンとしてしまいます。そんな時に投稿してある空の写真素敵です。何を考えるわけでもないのですが、ジィーっと見入ってしまい、ファイト
オゥ!!と思いました。たまにあるマンガ紹介はホッとします。食堂でたくさん見ているので、社長が遠い世界から帰ってきてくれたように感じます。『ママはテンパリスト』読んでみたいです。『花のズボラ飯』は読んでしまうと料理をしなくなりそうでちょっと恐いです。皆さんのズボラ飯談、美味しそうやらビックリ!!でした。
これからも新しい風をたくさん運んでください。よろしくお願いします。m(__)m

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.