私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

松浦信男20110518~20120331フェイスブック感想文

田中一都

フェイスブックを会社ではじめるようになって毎日、社長の書き込みを読ませてもらっています。なるべく社長のところにはいいね!ではなく書き込むようにしています。いいね!だけではあまり相手の記憶に残らず、読んだ感想や自分の考えを相手に伝わらないからです。しかし毎日読んでいると内容が難しいのもたくさんあります。中には内容もそうですが、書き込んでいる人が経営者同士の集まりみたいな時もあって、なにを書き込んでいいかわからない時があります。しかしよく考えて書き込みしようとするところに自分自身の成長があると思います。

社長のフェイスブックの投稿はいろんな内容がありますが、やっぱり家族ネタがウケがいいのか書き込んでいる人も多いような気がします。毎日同じことではなくいろんな一面があるので飽きないというか意図的にいろんなタイプの人間が書き込めるように飽きさせない内容であるように思います。

フェイスブックは社内サイボウズの日報への書き込みとは違って社外の人も観ているから慎重に書き込んでいます。また会社の名前を出してる以上、個人としても大事ですが、それよりもかなり硬く言えば会社の看板を背負ってるつもりでやっています。
自分が勤めている会社の社長の思っていることや考えていることが毎日のぞけて、そして書き込めることが滅多に無いことでありほんとうにすごいことだと思います。また返事が返ってくるととても嬉しいです。

こうして始めてから今年の3月末までのを読み返してみるとほんとうに毎日いろんなことが書けるなぁと文章力がとても勉強になります。そして僕もそれに対してがんばって書き込んでいることにびっくりです。

僕はフェイスブックをやるようになったのは、もちろん会社がやりはじめたからではありますが、万協製薬はとりあえずやってみる、やってダメだったらやめておいたらいいという万協らしさというかそういった社風があり、僕もそんな社風によってなんでも積極的にやるようにしています。フェイスブックを通して会社や社長が有名になり価値が上がることでより商品を知ってもらい、そして商品を知ってもらうことで売り上げがあがり、最後には自分たちの報酬につながってくるからそういった手助けや貢献ができるようにこれからもフェイスブックを継続してやっていきたいと思います。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.