私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

青空見つけた!!

中村照子

天には、空、星、雲、宇宙へと計り知れない空・・・
日本には四季があり、空も色々と違ってくる。風にもいろいろある。
さわやかな風、そして突風、台風になれば大暴れとなる。
空も澄みきった青空は長く続かない。青空が一天して雨、雪、あられ、ひょうと温度差が高まる程、真っ黒い雲が竜巻となり、この5月には茨城県、栃木県に巨大竜巻きがおこり、
千何百棟を一瞬にして破壊してしまう!
昨年3月11日の大津波・・・外国での事と画面を見ていましたが、日本にも大惨事が
起こりました。雷も昔は梅雨が明ける前になり出しましたが、今は年中どこかで・・・
台風なら進路、通過予測はわかりますが、地震、竜巻は逃げようがない!
建物、森林、動物、人間をと、のみ込んでいく。
 
私は、白い穏やかな雲を見ながら、よく孫と散歩していた時のことを思い出します。
「あっ、あれはウサギさんだ! 子犬がお母さん犬と散歩している!」 
「あっ、あれは・・・と」、いろいろな動物を想像しながら、みんな笑顔をしている。
あの時は良かったなぁ!子どもと遊んでいる時のことを思い出しました。
今も、車を運転しながら、 空・雲を見て、あっ、あれは・・・と似ていると
想像している空間が楽しいです。どこ行くのだろう、壊れないでと!1人ごとを言いながら
♪雲にのりたいよ♪、♪空よ~~~♪と歌のように大きな座布団に乗って、ふんわり
ふんわりと飛んで見たいと思う。でも、穏やかな空がそう長く続かず、大雨となり、
家屋や道路、橋を破壊し、自然を破壊してしまう。
台風の後は、台風一過で青空にながるが、空はきれいでも大地は泣いています。
きれいな夕陽が西の空に沈む前に、真っ赤な素晴らしい夕陽に向かって。「今日一日ありがとうございました!また、明日も見られますように」と、手をあわせてしまいます。
そして、1月頃の朝日が上がってくる瞬間!「今日も素晴らしい1日でありますように!」
と、心の胸の中でそっと唱えてします私です。
私も、60数年歳をとり、つい1日1日が健康でありますようにと生きる有難さを感じる
年齢になったのであろう。
きれいな空ばかり続けばよいが、こればかりはどうにもならない。
でも、その中でうれしいとき、寂しいとき、ちょっぴり悲しいとき、落ち込んだ時・・・
空はぜんぶ見ているであろうと!
たぶん、何かに追われて忙しいときは、空を見上げることを忘れがちになってしまう。
でも、きれいな青空の下には人が笑って平和に暮らせる時代、みんな大きな手と手を繋ぎ
あっていける ♪空よ~♪と祈りつつ ♪人生晴れたり、雲ったり♪
人も晴れれば陽気となり、曇っていると陰気になってしまう。
自分の気持ちも空に左右されるのでは・・・
不思議ですね。時々、きれいな虹が、大きな半円を描き、もう少し、もう少し消えないで!
虹の橋に乗っけて~~。夢が・・・みんな外へ出てみてよ!と叫びたくなります。
色々と想像させてくれて、ありがとう!!
まだまだ、未知の世界・宇宙へと、いっぱい、いっぱい書きたいのですが。
また、明日すばらしい青空が見られますように。
そして、いつか白い雲にのって世界一周・・・夢かなぁ~~と空想の世界へ入って。
昔のこと、これからの事、いろいろ思い出しながら、平和な空の下でみんなが元気に
いられますようにと願いつつ、ペンをおきました。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.