私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

松浦信男のハートフル通信 連載中

感謝の気持ち

小林 茂美

 毎日これだけたくさんのことを書いてみえる社長はすごいです。また、書き込みについてコメントも入れられます。これを見ていると「忙しくて時間が無かった。」という言い訳はできなくなります。
たくさんの方が読んでこころを動かされ書き込みをされるのだと考えます。
人との出会いを大切にし、楽しい時間を共有していることがわかります。だからこそ、読む人も楽しく感じ書き込みが多くなるのだと思います。

私もそのひとりです。
仕事のことだけではなく、家族とのふれあいについても書かれています。
フェイスブックを読むたびに自分も家族への感謝を忘れてはいけないと何度も気づかせていただきました。言葉にだしてみる「勇気」をいただいています。
自分の思いを他人に伝えるのは難しいです。文書で伝えるのも難しいです。でも、書いてまとめておくと後から振り返ることができます。
社長のようには書けないと思いますが、私も、もう一度、書いて記録に残すことに挑戦してみようと感じました。

これからもフェイスブックを楽しみにしています。

オリジナル小説を投稿する

目次


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.