私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

熱血パーサー乗務録 連載終了

VOL 14.パイロットの間で噂になった(I機長のケース後編)

I機長の口から出た言葉は私の予想とは100%違っていたのです。

「何、軽い怪我をした? 2人も? 緊張感が足りない証拠だ!」
私は、確かにそれは言えるが、知りたいのは急ブレーキをかけた理由だったのです。
そこで、重ねてその理由を尋ねたのです。
「出発前に、私が緊張感を持てと指示したことが守れてるかどうかをテストしたのだ」
なんと、それが急ブレーキの理由だったのです。
管制塔からの指示ではなく、単なるI機長の個人的な思いつきだったのです。
「冗談じゃない!」と叫びたい気持ちを抑えるのが精一杯でした。
「機長、あの時点では座席ベルト着用のサインは点灯していなかったし、その連絡もありませんでした」
「君、緊急事態の発生は必ずしも事前連絡があるとは限らないのだ。そのことを常に想定して、対応できるようにしておくのが君達の仕事だろ」
傍で2人のやり取りを聞いている副操縦士も航空機関士も機長の説明に対し、その通り、
ご説ごもっともという感じでうなずいていました。
その彼等の態度にも、絶対にオカシイと感じました。
I機長の説明はマニュアル的には正解だが、肝心なもの、それを使う人間の心が欠落していると感じたのです。
パイロットは仕事柄、我々接客業とは違い、操縦機器、デジタルの世界で、出来るだけ人的ミスを排除する傾向にあることは理解しています。
しかし、そこに人間らしい優しさ、思いやりといった柔軟な心がなかったら、単なる機械を操作するロボットと同じになってしまうと思いました。

このまま、彼と話しては仕事の邪魔にもなるし、お互いに感情的になる恐れもあったので
「ありがとうございました。しかし、納得できかねるので、仕事が終わって、少し時間を戴いて、話の続きをしたいのですが」
「ああ、私は構わんよ」ということで、改めて到着後に話をすることになったのでした。

成田空港到着後、I機長と私は運航本部の会議室で話し合いを持ったのです。
「運航に関わる緊急事態に即応可能な態勢を保持するのが客室乗務員の務めである」
「機長の個人的な判断でテストと称して、乗務員を危険な状況に陥らせたことは看過できない」
この主張は平行線になり、感情論も加わり、最終的に
「機長の指揮下にある君が従わないことは、勤務違反であり、私はキャプテン・レポートを書いて、君をクビにする!」
とI機長は宣言したのでした。
「アナタは権威主義に偏っており、乗員乗客と機体の安全を最優先する責務にある機長職を任ずるには適正を欠くので、私もキャビン・レポートを書く」
と私もこれに応じたのでした。

半月後、私は担当部長から呼び出しを受けて、
「双方の報告書を見たが、相手のI機長にケンカを売ってるようなものだ、彼は運航部の室長であり、かたや君は一介のパーサーだぞ、君の言いたいことはわかるが、少しは分をわきまえて、ここは彼に謝罪すれば、丸く収まるから。運航部の事務方とはそれで話がついている」
私は、「納得できません!」とその申し出を固辞したのでした。
彼は、「同じ飛行機の中で命を共にしている運命共同体じゃないか、いわば兄弟みたいなものだ。今回の件は兄弟げんかだから、弟の君が年長者の兄の機長に謝るのが筋だ」
私は、「兄弟なら、年長者の兄が弟の面倒を見るのが当然で、俺の言ううことを聞かなければ殴るぞ、クビにするぞというのは筋違いじゃないですか」

そして1ヵ月後、ついに客室担当役員のA常務と運航担当役員のS常務とI機長と私、それに両本部の業務部担当課長が一同に会して、会議が開かれたのでした。

A常務は実父が著名な外交官で良家の出身で柔和な人物だという噂でした。
一方のS常務は機長出身でした。
いずれの役員も私は初対面で、まさかこんなに大事になるとは予想もしていなかったので、これは下手すればクビになるかもしれないと覚悟をしていたのです。

ところが、そんな突き詰めた話にはならず、
「お互いが安全運航を保っていくには、相互の情報交換と人間関係の信頼関係が必要で、それぞれの立場を超えて、今回のケースをキッカケに運航と客室が定期的な意見交換の場を持つようにしてはどうか?」
というA常務からの提案がなされたのです。
S常務もそれに賛成し、何となく和やかな雰囲気の中で、I機長が私に「機長として配慮が
足りなかったことを認め、君に謝る。これからも忌憚のない意見を言って欲しい」と私に握手を求めてきたのです。
「いえ、こちらこそ・・・よろしくお願い致します」
何とも妙な具合で握手したのでした。
その後の乗務生活で、このI機長(後に運航副本部長)とは3度一緒になったことがありますが、お互いにいい関係でした。

実は、その後I機長の娘さんがスチュワーデスになり、私も1度同乗したことがあったのですが、この娘さんは人間が練れていて、「いつも父がお世話になっています。クセがあり皆さんにご迷惑をお掛けしていますが・・・」と挨拶をしていました。

尚、I機長とのケースはジャンボのパイロットの間で噂になり、加えて、他にも私は幾つか変な(威張りくさった)パイロットとトラブルを起こしていたので、いつしか私は彼らから「要注意のパーサー」として認知されたのでした。

               (完)

            ☆☆お知らせです☆☆

私塾(田中塾)の動画をスタートしました! コチラ⇒ http://kn24.dyndns.org/~you/

就職活動に役立つメルマガ「航空業界就活のキモを面接官が伝授!」を発行してます。

   コチラ⇒  http://www.mag2.com/m/0001301033.html 

オリジナル小説を投稿する


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.