私を文壇バーに連れてって

  • ホーム
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問

風天マン さんの作品一覧

皇太子殿下とご学友 連載中

1984年10月16日、亡父の命日に私は成田発ロンドン着の直行便を乗務した。 私はチーフ・パーサーとしてその便の客室統括責任者で、同乗した乗務員は全員が 私のグループのメンバーで、4名はロンドン基地所属の英国人乗務員だった。

熱血パーサー乗務録 連載終了

九州の戸数わずか20戸、人口100人足らずの山奥の小さな村で育ち、そこから町の高校まで通っていた。 小学校3年生の時に初めて、夜の7時から9時迄電気が使えるようになったが、それまではランプの生活であった。 早朝起床すると、先ず室内と土間の掃除、鶏、ウサギ、ヤギ、牛の餌をやり終えて2Kmを走って小学校に通っていた。

自己紹介

1947年生まれ、大学時代に空手を始める。 日航(JAL)国際線客室乗務員として世界26カ国、36都市に滞在。 乗務時間2万6千時間。 松下幸之助、土光敏夫、田中角栄、田中清玄、大屋政子と知り合う。 56歳で体調を崩し、退職。 病床の失意の底で、初めて自分の傲慢さ、無知に気付き、学び始める。 臨済禅で「悟れない」ことを悟り、「宇宙・天地自然」を師とし、老母の介護をしながら次代を創る若者達と学び合う私塾を自宅で開講。 講演もして、日々充実した自由人を満喫中。 趣味:次代をになう子供達の能力開発 好きな言葉: ・生きていこと自体に価値がある  ・あるがままを楽しむ  ・全ては天地自然が教えてくれる  ・あなたに解決できない問題は起こらない 著書:「熱血パーサー乗務録」西日本新聞社出版 ブログ:http://kn24.dyndns.org/~you/ E-mail:lucky5@sky.plala.or.jp


Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.