Skip to content

この世界の片隅に

05 8月 20111 comment ブログ

本日、9時から、日本TV系で、この​世界の片隅に。が放映される。
二時間スペシャルなので、​漫画の全てを伝えることは、難しいだろう。
しかし、エッ​センスは伝わるはずである。ぜひ、ご覧頂きたい。
わたし​は、最近、原作者の、こうの史代ふみよ、さんのマンガを​順番に読んでいる。
この世界の片隅に。の原型となったの​は、彼女の、夕凪の街、桜の国。である。
これらのこうの​さんの作品集に共通するのは、原爆に対する、圧倒的な、​怒りだ。
私にも間違いなく、その怒りが、伝染した。
だい​たい、今の日本人は、怒りを忘れてしまったのでは、ない​か?と思うことが、私には最近、多い。
私は、毎日、すご​く腹が立つ。
誰かに当たり散らすというのではなく、青い​炎のように燃える自らのなかに光る炎である。
自らの保身​ばかりに走り、社会の理想を語らなくなった人ばかりにな​ったら、この国は、滅んでしまうのではないか?
いいね!​おはよう!だけで、世界は変わったりしない。
私達を変え​るのは、自分自身のこころの中の青く燃える炎である。

関連記事

コメント

  1. 中野 誠司 8月 5, 2011

    お久しぶりです。
    私の妻は被爆2世です。
    彼女の父親は、ガンで早くに他界しました。(私は面識がありません)
    彼女の父親に対する「思い」は人一倍強いので、
    自分が被爆2世であることを、自分の中で認めることは、大好きな父親を責めることになる。ということで、向かい合う勇気がもてなかったようです。
    が、東日本大震災という日本を大きく変えた天変地異に対峙したことをきっかけに、そして3.26に全てを聞いてもらえたことにより、
    胸のつっかえが取れたようで、カミングアウトする勇気をようやく持てたみたいです。
    最近は被爆体験者の講演会に出席したり、今週末に広島行きの予定を組んでみたりと、ありのままを受け入れ、大好きな父を奪われた怒りの矛先を見つけようとしています。
    この世界の片隅に。。。
    今夜は妻と二人で鑑賞したいと思います。
    そして、
    貴方との再会、心から感謝します。

コメントする


※必須


※必須

Copyright(c)2011 BANKYO PHARMACEUTICAL Co.,Ltd.